Kivic SM HUD Safe Driving Partner Kivic SM HUD beams the various contents on the roads in front of the driver by connecting with Andrid based Smartphones and iPhones wirelessly.
Hence, the driver can check the information such as the time, vehicle speed, test, incoming call and GPS information while driving.

Japanese


Kivic SM HUDは様々なAndroidベースのスマホ及びiPhoneと無線で接続し、 スマホの様々なコンテンツを運転者の前方の道路上に投影させてくれます。 従って運転者は運転中に前方を注視しながら時間、車の速度、メール、Line、 着信コール、ナビ情報など、簡単にサービスを受けることができます。 運転中にスマホ操作をせずに前方を注視できるようにする必需品です。

 

その他の付属品

Kivic SM HUDは次の手順で設置します。

 

Kivic SM HUDの正しい取り付け位置

インパネ真ん中のダッシュボードの上にKivic SM HUDを配置します。
振動の激しい車や道路条件が悪い場合は、固定クリップを利用し、さらに製品を車の本体にしっかりと固定します。

コンバイナーを通じて反射された画像が運転者の前方の視界に来るように コンバイナーの角度を調節してください。コンバイナーに反射された画像の サイズは、コンバイナーの位置で調節してください。 固定レバーを解除すると、コンバイナーの前後30mmの移動が可能です。

 

Kivic HUDアプリのインストール

本製品を使うためにはKivic HUDのアプリをスマホにインストールする必要が あります。専用のアプリは、Googleの “Playストア”やApple”App Store”で “Kivic HUD”を検索してインストールしてください。

Kivic SM HUDの初期画面

Kivic SM HUDの初期画面には、接続されたスマホのOSを知らせるフォンモード ウィンドウ、現在の時刻を知らせる時間ウィンドウ、現在の運行速度を示す 速度ウィンドウ、そしてスマホでnotificationが渡された場合にアクティブに なるNotificationウィンドウがあります。


Note: 取扱説明書の図と実際の機器の画像は異なる場合があります。

初期の画面に表示されるすべての情報は、BLE(Bluetooth Low Energy)の 無線接続を通してサ
ービスされます。 Kivic SM HUDではBLEを通じたデータサービスのほかWi-Fiを通じたスクリーン ミラーリングサービスを提供しています。 ユーザーは、Kivic SM HUDのスクリーンミラーリング機能を利用して、 スマホで使用中のナビゲーションサービスをHUDでそのまま利用することが できます。従ってHUDを利用し、ナビゲーションサービスを利用するためには、 ユーザーのスマホとKIvic SM HUDの間のWi-Fiを経由して無線ミラー接続を 最初に実行する必要があります。

 

スマホとHUDの無線ミラーリング連結方法

スマホとHUDの無線ミラーリング連結のためにはユーザーのスマホが ミラキャスト又は Apple Airplay Mirroring 機能をサポートする必要が あります。詳細についてはユーザーのスマホの仕様を参考にして下さい。 機    能が確認された場合、ユーザーのスマホの無線ミラーリング連結接続方法に 応じて機器を接続してください。WiFiを通じた無線ミラーリングに接続される までの時間は、接続しようとした後、約10~15秒かかります。 (無線環境又はスマホのモデルによって接続時間に差があることがあります)  Android5.0以上のスマホでは、HUDアプリですぐミラーリングが可能です。 Kivic Castが無効になっている場合にのみ、ミイラキャスト機能をご利用 下さい。Androidスマホの場合、メーカーやモデルごとに設定環境が異なる事が あります。使っているスマホの取扱説明書を参照して接続する方法を習って ください。 AppleのiPhoneの場合は、Apple Airplay Mirroring方式とおと同一です。 WiFi接続ウィンドウで”Kivic HUD”を選択します。秘密番号は”87654321”です。 接続の後、Apple Airplay Mirroringと同様に使用します。

アプリの設置及び環境の設定

 

使用環境の設定

HUDの電源はオンの状態で、HUDアプリがスマホにインストール完了した状態 です。WiFi, Bluetooth, GPS, データ通信網(LTE, 3G)の使用が可能で, アクティブの状態です。

HUDのコントロール

Kivic HUDのアプリを通して、ユーザーはHUDの 全ての機能を制御 します。
HUDのアプリで提供される機能は、Notificationの設定、 明るさ調節、 速度設定、Keystoneの調節、ファームウエアの アップデート等があります。

Bluetoothの検索と接続

スマホとHUDの間の全てのデータ通信はBLE(Bluetooth Low Energy)を通して 行われます。従ってKivic SM HUDの動作のためにBluetoothの接続は必須です。 HUD Controlウィンドウで HUDのスライドボタンを右に位置させるとBluetooth デバイスの検出ウィンドウが表示されます。ユーザーのKivic SM HUDを選択 すると、自動的にリンクされます。デバイスの選択との接続は、製品の インストール後、最初の一度だけ実行します。ペアリングされた後には
アプリの実行の時に自動的に接続されます。

Notification 接続

各種Notificationを選択的にOn/Off することができます。また、HUDに 表示されるNotificationの露出時間も 設定が可能です。

表示される文字の数がHUDディスプレイの横幅を 超えている場合は、左右にスクロールされます。

 

明るさの調節

Backlighting On/Offボタンを利用し、HUDの動作状態のまま画面だけオフ にすることができます。
注/夜間の適正なHUD画像を表示するために Kivic SM HUDは、内蔵された照度センサを 通じて、自動的に明るさを調整します。 明るさ調節は、照度に応じて大きく4段階に 自動調整されます。 自動明るさの調整機能がOffの時は昼間、夜間 の明るさを手動で設定することができます。 注/夜間の区別は、ユーザーのスマホの時間を 基準に判断します

オーディオの音量調節

Kivic SM HUDは、内蔵スピーカーを 使ってオーディオ、およびBluetooth ワイヤレスオーディオをサポート
します。Sound Controlのスライダーを通って Kivic SM HUDの基本的な音量を調整します。

 

速度の設定

Kivic SM HUDは、スマホのGPS機能を 利用し、速度をサービスします。
SpeedオプションをOn / OffしてHUD画像の速度 表示をなくすことができます。 使用地域の速度の単位を選択して使って下さい。 Speed Warning設定値以上の速度で車を運行する と速度計の色が自動的に赤に変換されます。 速度計の基本的な色は白です。 ユーザーの好みに応じて、3つの異なる色に 変更が出来ます。

 

キーストーンの補正

キーストーンの補正機能は、Kivic SM HUDが提供するソフトウェア的な 光学誤差の補正機能です。
運転者の目の高さが高い場合、コンバイナ レンズを90度以上に傾けるとHUDイメージが 運転者に見えます。この場合、一般的な プロジェクターのようにHUDイメージが逆台形 の形で見えるようになります。キーストーン の補正機能は逆台形のHUDイメージを長方形に 補正してくれる機能です。

ファームウェアのアップデート

Kivic SM HUDは、基本的にOTA(Overthe-Air)によるファームウェアの アップデートをサポートします。
ファームウェアの容量が大きいためダウン ロードとアップデートが分離されています。 WiFi APに接続する時にDownloadボタンを クリックして、アプリにファームウェアをダウンロードします。デバイスのファームウェアのアップデートは、Kivic SM HUDと ユーザーのスマホがWiFiに接続された状態で、 Updateボタンをクリックすると、開始されます。周辺の電波の環境やユーザーのスマホ の機種に応じて更新の時間は異なりますが 、 約4~5分でファームウェアの更新が完了します。ファームウェアの更新が完了するまでHUDの 電源の接続を維持してください。 ファームウェアの更新に失敗した機器が動作 しない場合はKivicのサービスセンターまで ご連絡ください。

 

安全のための注意事項は、ユーザーが弊社の製品を不正確に使用することに よって発生する被害を防止するために明示されます。 ユーザーが任意に製品を使うことによって発生する損害については弊社の責任 がないことをお知らせします。
使用する時の注意事項
本製品は、運転中にスマホの使用による危険を防止するための製品です。 出発の前にすべての操作を終え、運転中にはスマホの操作をしないでください
運転中に車の運行と関係のない、動画コンテンツ、放送の視聴やネットの検索 をすると、交通法規の違反になることがあります。不法の行為による運転者の 過失で発生するすべての問題は運転者(ユーザー)の帰責事由になります。 運転者の俊秀事項である交通法規を俊秀してください。
夏の直射日光に長時間さらされると機器の過度な温度上昇によって誤動作する ことがあります。エアコンを利用して、室内の温度を下げた状態で使用してください。
冬季、室内の気温が氷点以下に下がると、システムの駆動時間が長くなることが
あります。
電源の接続は、専用の12Vのシガージャックを使用し、24V(トラックなど)では 絶対に使わないでください。
車の始動を切っても12Vの電源が供給されるシガージャックの場合には、使い 終わったシガーチャージャーを引き抜いて置くと車のバッテリの放電を防ぐこと
ができます。
ユーザーが任意に改造、分離、修理を行った際には、無償の修理を受けることが
できません。
車に装着する時、しっかりと固定してください。走行の際、製品の離脱などで 危険が伴うことがあります。
本製品は、国内の認証適合の製品や他の機器との相互干渉による誤動作がある 場合もあります。機器に異常が生じた時にはすぐに使用を中止し、電源を分離 した後、サービスセンターに点検、修理を依頼してください。

 

製品の保証と責任の範囲

(株)キービクでは、品目別の消費者紛争解決基準(公正取引委員会告示)に 基づいて以下のように製品の保証を行います。

安全運転の速度を必ず守ってください。 情報の未提供によるスピ〡ド違反、 罰金、事故などの問題発生の時に、弊社では責任を負いません。

 

サービス要求の前に以下の点を確認してください。

AndroidスマホのアプリでHUDが検索されたが、接続ができない場合:
1) 複数のHUDアプリが実行中であることがありますので、アプリの実行を停止させた 後HUDアプリを再実行し、接続を試みてください。
2) 1)の方法で問題が解決されなかった場合、スマホの電源を入れ直してください。
3) HUDシガージャック電源を再印加してください。

スマホのアプリでHUDが検出されない場合: 以前に接続したスマホとHUDが接続されている場合は、既存のすまほとの接続を解除 してください。

スマホとHUDのミラーリング接続ができない場合: 以前に接続したスマホやHUDがミラーに接続されている場合は、スマホのミラーリング 接続を解除する必要があります。.

iPhoneのAirplay MirroringでKIVIC HUDが検出されない場合: WiFiをオンにして検出されたKIVIC HUDを選択し, 秘密番号“87654321”に接続した後、 Airplplay Mirroringで再度検索してください。

電話での問い合わせをする場合は、次の事項を準備する必要があります.
– 画面に表示される正確な現象の内容
– 問題が発生したときの状況や作業

保証期間内に発生する製品の問題については、販売店ではなく、サービスセンター
またはハードウェアのA / Sセンターに連絡する必要があります。
ハードウェアの不良の場合、購入日から1年間有償・無償のサービスが可能です。

KIVICの製品とサービスセンターに関連した事項は、予告なく変更されることがあります。

 

Address
ソウル特別市 松坡区 梧琴洞121-10 2階
Tel.
82+2+1644-3473
Fax
82+2+6958-8004
Mail
wideopen17@naver.com

 

첨부파일 다운로드

top